225円

海抜・標高計測 - 断面図作成

開発:
3.20

1件の評価

編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

編集部のレビュー

坂道、山道、道なき道。どこが一番緩い坂なのか調べてみよう!

坂の多い街に住んでいたり、日本の土地の作りに興味があるあなたが使うと絶対に楽しい、海抜・標高の計測ツールです。

地図上で選んだ場所が海抜・標高何メートルなのか調べることができるのですが、そんなアプリはたくさんあります。本アプリの魅力は、あっという間に作成できる「標高断面地図」。標高の緩急を調べたいルートを地図から指定していくと、あっと今に折れ線グラフのような標高断面地図が出来上がります。ルートの指定は、道なりでも、道や障害物をまるで無視してもOK。「富士山は東西南北どの方向が一番急なんだろう?」なんてささいな疑問も解決してくれます。

自転車で動きやすいルートを探してみたり、なんとなく気になった山の高さ、坂の急さを調べてみたり。これがなかなか面白く、新しい土地に行ったり、登山の予定が入ったりする度に使いたくなるアプリです。

Android版の特徴

Android版は、iOS版と比べて機能や仕様がまったく変わりません。なので、どちらのデバイスでも海抜・標高の計測や、標高断面地図を作成することができるのでご安心ください。Android版の方がiOS版よりも価格が安いので若干お求め安くなっています。iOS・Android端末をお持ちの方はAndroidでDLすることをおすすめします。

執筆:Appliv編集部

レビュー条件:アプリバージョン:2.0  端末:Nexus 5 LG-D821 (OS 4.4.2)
最終記事更新日:2014年1月6日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

ユーザーレビュー(1件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

ko-1

3年前

3

地味に使える
サイクリングのお供に使っている。地図を結ぶだけで標高図が作れるので、坂を回避したいときに便利だ。専門的な知識も難しい操作も不要なのでありがたい。震災が起きた時の避難ルートを構築することもできるだろう。地味に便利なアプリだ。

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています