無料

ぼくらの交換日記

開発:
3.28

1件の評価

編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

編集部のレビュー

特定の人と日記を交換する新しい形のソーシャルネットワーク

日々の日記を記録し、グループのメンバーと共有できるソーシャルネットワークサービスです。アプリ内での課金はありますが基本無料で利用できます。

日々の日記をグループ内のユーザーと交換してメッセージなど交換できるアプリです。幅広くネットワークを広げていくことが多いSNSの中で、限定的なグループで情報を共有することを目的とした一味違うサービスになっています。

日記を交換するグループは友人や恋人、家族など、限定的なコミュニティーに限定することができます。また同じ趣味の人をみつけてグループをつくり(もしくはグループに加わり)日記を共有することも可能です。

置かれた日記を手にとって読み、コメントを付けて戻すという形式ですので、コメントを見るのが楽しくなって日記を記録するモチベーションにもつながります。日々の出来事を限定的な人と共有したい人にピッタリのSNSです。

このアプリの使い方

学生時代に交換日記を楽しんだという人もいるのではないでしょうか?中の良い友人同士や、中には先生と一緒にやったなんて人もいますよね?このアプリでもそうした相手との交換日記が楽しめるアプリです。相手に日記が渡っているときには、自分はその日記を見ることができないのも交換日記らしくなっています。相手がどんなことを考えているのかワクワクしながら読む交換日記。今から始めてみませんか?

執筆:Appliv編集部
レビュー条件:アプリバージョン:1.1.0  端末:Xperia Z SO-02E (OS 4.2.2)
最終記事更新日:2012年7月24日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

ユーザーレビュー(1件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

SASSY

4年前

5

限られたメンバーでコミュニケーション
「ソーシャル疲れ」と言われることの原因には、大して仲良くない人ともつながらなくてはならないことにあると思う。気心の知れた限られた人だけならそんな気遣いもいらないからね。でも、twitterやFacebookは友達の数を競ったり、リツイートやイイねの数を誇ったりするための場所なので、フォロワーは多いほうがいい。そうなるとソーシャル疲れになって…とtwitterやFacebookのサービスの性質の中にソーシャル疲れを引き起こす原因があると思う。

アプリ「ぼくらの交換日記」の良いところは、メンバーを限定できること。限られたメンバーで日記を共有することができるので、余計な気遣いをすることがないのが良いね。