Androidアプリ「境域の一月」のアイコン

240円

境域の一月

開発:
talestune
容量:
3.5M

スクリーンショット

Appliv編集部のレビュー

ゲームはストーリーやイラストも重要な要素

主人公の柾木と、雪、しろという二人の少女の三角関係を中心に繰り広げられる、ちょっぴり切ない連作短編ノベル『収穫の十二月』シリーズの第2話(全13話)です。柾木達は隣町との境にある酒島神社に初詣に向かう途中で新たな出会いが……。分岐なしでストーリーが展開するノベルですからゲーム性はありません。しかしテキストの自動送りや文字ウィンドウの一時消去など、ユーザーインターフェイスはファンにうれしい仕様になっていますので、ストーリーはもちろんイラストもじっくり楽しめるのが特徴です。本シリーズは深みのあるストーリーと美麗なグラフィックで人気の高いノベルです。第1話『収穫の十二月』は無料ですし、興味を持った人はぜひインストールしてみましょう。

ゲームのストーリー

本作は『収穫の十二月』シリーズの第2話になります。第1話の主人公とは全く異なる目線で物語を見ていくことになります。新キャラクターも次々に登場し、物語はさらなる広がりを見せていきます。またドキドキしてしまうようなシーンもあり、メリハリがついているのが良いですね。第1話を気に入った方なら、まずダウンロードしておいて間違いない出来です。

執筆:Appliv編集部
レビュー条件:アプリバージョン:1.0.0  端末:AQUOS PHONE Xx 203SH (OS 4.1.2)
最終記事更新日:2012年7月24日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

関連するトピック

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー(2件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

リブ坊

6年前

3

グラフィックが綺麗な電子書籍です
アプリをダウンロードした高2の娘が読んでいたのがきっかけで、面白そうだと思い借りて見ました。このアプリは、電子書籍でグラフィックを組み込んだ映像の綺麗な作品です。良くある三角関係のお話で、切ない内容もあるので感動しました。

6年前

4

ちょっとハマった
ムービー感覚で楽しむアプリの第2弾。特にゲーム性があるわけではない。僕はもともとロボットものが好きなんだけど、最近これといったものがない。たまたま第1弾の話が無料だったから暇つぶし程度のつもりでダウンロードしたら、まあ意外に面白かったので、これもダウンロードしたという訳。ロボットものは、アクション中心で話が単純だったりするから、まあ、たまには、こういった読書感覚で楽しむやつもなかなかいいかなと思う。

talestune のアプリ