無料

あめのふるほし

開発:
4.22

1件の評価

編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

編集部のレビュー

雨が降った日にだけ、機械は歩み続ける。その先に待つ、終焉に向かって

現実に雨が降った日にだけ遊べるという、異色のゲームです。舞台は、汚染が進んだ惑星。雨の日にだけ大気が澄み、機械が歩き続けます。機械の行く先々で拾うことになる、数多くの遺言。そしてその機械もまた、遺言を残して機能を停止するのです。

▲遊び方は、雨の日に起動するだけ。機械がゆっくりと歩き続ける。

▲晴れの日に起動しても、スモッグに覆われて何もできない。正真正銘、雨の日にだけ遊べるゲーム。

▲歩く先には既に機能を停止した機械がある。そこに遺された、数多くの「遺言」を集めていく。

この機能が凄い

あらかじめアプリで用意された遺言のほかに、ユーザーが打ち込んだ遺言を見つける事があります。機械は歩き続けるといずれ機能を停止し、その時に遺言を遺せるという仕組み。誰に遺言が読まれるかはわかりませんし、見つけた人も誰が遺言を残したのかはわかりません。

世界観の考察が面白いゲームですが、遺言を使ったコミュニケーションツールとしての一面も持っています。

執筆:Appliv編集部

レビュー条件:アプリバージョン:1.0.1  端末:Nexus 7(2013) (OS 4.4.2)
最終記事更新日:2017年6月21日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

ユーザーレビュー(1件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

lala224lala

1年前

5

誰もいなくなった星で歩き続ける機械。。「からっぽのいえ」に続くとこにょろりさんの新作です。他のプレイヤーがのこした遺言を読んで、自分が死ぬときに同じように遺言をのこすこともできます。色んな人の言葉・想いがあって面白いし、雨の日にしか遊べないっていう変わったコンセプトも素敵です♪

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

ところにょり のアプリ